Yokota Warehouse - Photo Blog 02

ykth02.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 27日

ウサギ部屋

小梅ちゃんは、カウンターキッチンの一角で家族と一緒に暮らしています。
約一畳のスペースを、ホームセンターで買ってきたワイヤーネットを結束バンドで連結させて作ったサークルで囲い、家族が家にいる時はその中で過ごすことになります。ケージに入ってるときには、サークルを折りたたむことができます。
2年ほど使ってみたワイヤーネットのサークルですが、手足をひっかけて飛び出すことがないように、ペット用品店で売っている横桟のないペット専用品の方が安全かと思いますね。

下に敷いてあるのは、夏になるとホームセンターで売ってる竹製のマットです。キッチンマットやカーベットなどいろいろと試してみましたがこれが一番ですね。爪や歯でひっかいてもボロボロにならないし、オシッコやウンチをかけられても掃除が楽です。
a0156838_23131814.jpg




サークルの内側に、ウサギ用のケージ(標準サイズのケージよりちょっと大きい80cmサイズのもの)を置きます。
ちなみに、「ゲージ(gauge=測定器)」という人が多いですが、正しくは「ケージ(cage=檻)」ですね。
昼間外出していて家に誰もいないときには、ケージの中で過ごすことになります。一泊旅行くらいなら、留守の間、ケージの中にいても大丈夫ですね。
ケージにセットしてあるのは、エサ入れと水ボトル、牧草入れ、トイレです。ケージの床は網ですが、その上にプラスチックのすのこと、爪とぎ用のベニヤ板も敷いてあります。

トイレは、サークル内に同じものをもう一つ置きます。ふだんはケージの外に置いたトイレでウンチやオシッコをすることが多いですね。トイレの中に敷いてあるのは、犬猫用のMサイズのペットシーツを半分に切ったものです。
牧草入れは百円ショップの小物入れを流用し、木端や桝がおもちゃ代わりのかじり木です。
エサは、牧草、ラビットフード、切り干し大根、サツマイモのつる、小松菜、にんじん、キャベツ、白菜、クローバー、乾燥パパイヤなどです。切り干し大根とサツマイモのつるは、ワタシが収穫して乾燥させたものを保存し、食べさせています。

牧草は『もとまち動物病院』で購入しています。歯の不正咬合の治療をした時に試供品としてもらったのですが、よく食べるし、値段も安いということもあって…。小梅ちゃんにも牧草の好みがあるようで、キライなものは食べてくれませんでした。切り替える時には要注意です。
ウサギの歯は伸びる一方なので、歯をすり合わせて食べる牧草をメインにしたエサが良いかと思われます。
a0156838_23252846.jpg

Panasonic DMC-LX3
[PR]

by nori-ykt02 | 2010-05-27 23:31 | ウサギ


<< 一日の終わり      逆光の街 >>